留学準備初級編その2~留学前後の日本の暮らし~

Sponsored Link

留学でかかる経費は留学先だけにあらず。

留学前後の日本の生活、どうしますか?

住んでる住居の解約、そして再契約もあります。

実家暮らしとか寮暮らしの人はまあいいんですけど、
マンションなどを賃貸している人は家どうしよう…って思うと思うんですね。

借りっぱなしにしておくと、住んでる人がいないのに家賃だけ払い続けなければならないし、

かと行って家具・家電を処分したり引越しするのもお金がかかるし…という状況に至ると思うんですね。

仮に1年=12カ月家を空けるとして、マンションは解約すべきか、そのままにすべきか、

どのくらいお金がかかるか、僕調べの情報をお伝えしま〜す。

家賃はとりあえず7万円/月で想定しておきましょう。

マンションを借りっぱなしにしておく場合

引越し費用とかは追加でかかりませんから、支払うべきお金は家賃のみ。

(光熱費の基本料金とかは、いったん無視で。)

そうすると7万*12カ月で84万円かかることになります。

まずこの84万円を基準に、覚えておいてください。

マンションを引き払う場合

マンションを引き払う場合、

まず荷物を部屋から出さなきゃいけないので引越し業者を頼むことになると思います。

それから、荷物を実家やトランクルームに預けておくとかして、帰国後に新しい賃貸を契約するという感じになると思います。

引越し費用はいくらくらいか

引越しの値段は時期によって大きく変わりまして、

・3~4月の年度変わりの時期は繁忙期料金、特に高い

になっています。

それから荷物の多さ、運ぶ荷物の多さにも大きく左右されます。

今回は留学目的なので、秋頃の引越し、単身世帯で、同じ都府県内に荷物を運ぶことにすると、

だいたい4~5万円でいけるみたいです。

(参考:SUUMO引越し

トランクルームに荷物を預けるといくらくらい?

実家に荷物を置いておくならば家賃はかかりませんけど、トランクルームを借りたらいくらくらいするのでしょうか?

そもそもトランクルームとは、荷物を預ける専用のスペースです。

お金を払って物置だけ借りるみたいな感じですかね。

「宅トラ」という、荷物の配送から保管まで一括でやってくれるサービスで試算しますと、


荷物の配送が8,866円。荷物の月額保管量が12,078円。

(配送の値段はクロネコヤマトの料金に準じます)

だいたい12カ月で15万円〜って感じです。

トランクルームの会社はいろいろあると思うんですけど、だいたいこのくらいの試算じゃないでしょうかね。

リンク↓

宅トラ

マンションの新規契約費用

マンションを一度契約したことがある人は分かると思うんですけど、

家賃以外の初期費用が結構かかるんですよ。

だいたい家賃の4.5~5カ月分が相場といわれています。

退去する時の補修費用に充てられる敷金で1カ月ぶん。

大家に支払われる礼金で1カ月ぶん。

あとはSUUMOやHOME’Sなど、不動産仲介業者に支払われる仲介手数料や、

火災保険料、2カ月分の家賃、あとよくわからんお金がちょこちょこかかったり。

僕が数年前にマンションを借りた時は、24時間家のトラブルに対処できるサービスみたいなのに勝手に加入させられたりしてました。

(契約書はちゃんと読もうね、という教訓を得ました)

前払い家賃や火災保険料は新規契約にかかわらずマンションを借りていればかかるものですから、

新規でかかる正味の金額としては家賃の3~4カ月分ぐらいでしょう。

もとと同じく7万円の物件を借りるとすれば、21万円〜30万円程度かかると思っていたほうがいいです。

参考:SUUMO

マンションを引きはらう場合のトータル費用

引越しでまず4〜5万円。

トランクルームをもし1年間借りるならば15万円。

マンションを新規契約する初期費用で21~30万円。

ゆえに、トータルで40万円〜50万円程度はかかることを覚悟しておいたほうがいいです。

(あくまで目安です。)

じゃあ結局どっちがいいのか!?

家賃7万円のマンションを1年間借りっぱなしにしておけば84万円。

いったん部屋を引き払って、引越し、新規契約で40~50万円。

1年間であれば、部屋を引き払ったほうが半額近くに抑えられることがわかりました。

しかし引越しの手配や新規契約が結構めんどくさいことを考慮すれば、マンション借りっぱなしでもそう悪くはないかな、と思います。

引越しついでに家具を処分して買い換えるとかすれば余計にお金がかかる可能性もあります。

もうちょっと短期の留学であれば話は違うでしょうし、マンションの家賃にも依りますしね。

お財布と利便性を天秤にかけて、良い判断ができるといいですね。

コメント