AirPods Proの方がWF-1000XM3よりも優れている点。

Sponsored Link

完全ワイヤレスノイキャンイヤホンWF-1000XM3を購入して3ヶ月ほど経ちました。目立ったトラブルなくほぼ毎日愛用しております。

が、AirPodsProもやっぱり欲しくなってきてしまいました、最近。

ということで今回はSONYのWF-1000XM3に比べてAirPodsProの方が優れているなと思った点をお話しします。

比べるのは以下の2つ。

フィット感

WF-1000XM3はイヤーピースのサイズを合わせてうまく嵌めた場合、静かにしてれば問題ないのですが、本体(ハウジング)が大きいのでちょっと運動すると取れちゃいます。ちょっと重たい感じがあります、着けてて。

一方AirPods Pro。軽さとフィット感では軍配があがります。ウォーキング、ランニングをしている人やジムで使っている人もよく見ますから運動にも十分耐えられるっていうのがいいですね。

earphone
ちょっとでかい、WF-1000XM3のハウジング。

防水性能

WF-1000XM3には防水機能がありません。雨の日とか、シャワー後とか、少し不安だなと思う時があります。
(ちゃんと手を拭けばいいだけのことですが(笑)

一方のAirPodsProにはIPX4相当の防水(防塵は×)性能があります。水しぶきに耐えられる、つまり水につけなければ大丈夫ってことです。
ちなみにケースには防水ありません。
参考:Appleサポート

運動している時の汗とか、シャワー後とか。トイレに落とす心配とか
心配な要素が少しでも減るのはありがたい。

スポーツするなら圧倒的にAirPodsProだなと。

接続の安定性

イヤホンと再生機器が同じメーカーの方が接続の安定性高いと感じます。

WF-1000XM3とウォークマン(NW-A105)だと安定性はほぼ完璧なのですが、NW-A105は電池持ちがとても悪いので、WF-1000XM3をiPhoneやiPadに繋げて時々使うことがあります。

NW-A105とつなげる時に比べて、

  • 急に接続が切れる
  • 音が途切れる

といった不便なことがあって、ゆえにiPhoneとWFを一緒に使いにくい。
アイマス聞いてた時に接続が急に切れて、iPhoneのスピーカーで流れはじめた時は超恥ずかしかった。

そういうわけで、iPhoneやiPadなどApple製品と一緒に使うならAirPodsProがいいですね。

AirPodsは、Apple製品とならケースの蓋を開けたら接続が簡単にできますし、接続安定性も良し。

どっちも同じくらい優れている点

好みの問題かもしれませんが、筆者の主観では、

  • ノイキャン性能
  • 電池持ち

はどちらも良いと思います。

外音取り込み(アンビエントモード)はAirPodsの方が自然な音だという話をききますが、WFでも十分だと思います。
むしろ、WFはどの程度外音を取り込むか(ノイズキャンセリングの効き具合)を手動で設定できるという利便性もありますし。

WF-1000XM3の方が優れている点は音質

音質は非常に良いです。音場の広がり。音の粒が立って、綺麗に鳴らしてくれます。

それに加えて、headphoneconnect というアプリで音質を細かく弄れるのが楽しいです。

バス強め、ボーカルブーストなど好みの音質に変えられます。
先程お話しした通り、ノイズキャンセルの効き具合を調節することもできます。

静かな場所で音楽を聴く用途が多い人はWF-1000XM3がいいですね。

AirPodsProの音質が悪いわけではないですが、両者を比較した場合はWFに軍配があがります。

あと、再生機器(DAPか、スマホか)によっても音質は変わります。

まとめ

AirPodsProがおすすめの人

  • iPhoneなどApple製品と一緒に使う人。
  • スポーツしたい人。防水が必要な人。

WF-1000XM3がおすすめの人。

  • ウォークマンと一緒に使う人。
  • 音質重視の人。
  • イヤホンつけてスポーツしない人。
  • 安い方がいい人。
    (AirPodsProより5000円くらい安い)

って感じでした!御参考になれば幸いです。

それでは。

コメント