ものぐさだけど読書がしたい!電子書籍のススメ(メリット・デメリット)

Sponsored Link

 はじめに

 僕は今年から電子書籍を導入しました。電子書籍を導入してから読書量はかなり増えましたし、そんなによっしゃ読書するぞ!と気負わずに読めるようになっていい感じです。

 読書の大切さはすごいわかるんだけど、本買いに行くのめんどくさいし、本とかすぐ破いたり汚したりしちゃうみたいなものぐさな方、いらっしゃると思うんですけどそんな方へ向けて、電子書籍のススメを書いていきます。

お断りですが、僕はAmazonのKindleをメインに使っています。

1、電子書籍とは

その名の通り、電子の書籍です。つまりデータです。漫画や小説、実用書・参考書、文庫本、雑誌などいろいろあります。タブレットやスマホ、読書専用端末などを使って読むことができます。買う時はインターネットからのダウンロードが基本。決済もクレジットカードなどを使ったオンライン決済です。

2、電子書籍のメリット

まず第一に購入がすごい楽です。紙の本を買おうと思ったら家出て本屋に行って買って…と手間がかかります。まず家出るのが疲れるし、買って帰ってきたら読む気力がゼロになります。けど電子なら自宅にいながら本が買えて、家のWi-Fiでダウンロードしたらすぐ読めます。あの本読もう!と思うけど時間が経ったら読む気が失せてしまうというリスクを減らせます。

2番目に、かさばらない。家が狭くて本棚もないと、買った本をしまっておく場所に困ることありませんか。机の上や周りが本に埋れて使えない、ってことが僕はよくあるんですけど、電子書籍なら片付ける必要がないから散らからない


 3番目に、ちょっとだけ紙の本より安い。数百円から数十円だけですが、新品の本は常に定価ですからお得に本が読めます。またamazonや楽天のポイントがついたりクーポンが配布されることがあるので安く買えます。

4番目に、持ち運びが楽です。スマホとか専用の電子書籍リーダー(read+er=reader。)であらかじめダウンロードしておけば、ネットがなくても読めます。それに複数の本を持ち運ぶことができます。僕の場合、紙の本を持ち運ぶとカバンの中でぐちゃぐちゃに折れてしまうんですけどそれを避けることができるのがよいです。

5番目にマーカーを引けたり本の文章や言葉を検索することができます。どういうことかといいますと、本文にマーカーをつけることができ、マーカーを引いた部分はあとからまとめてチェックすることができます。また、例えば「雨がふっていた。」という文章をある本の中から探したい時、検索するとその文がある場所までジャンプすることができます。これ結構便利で、本を読みながら別のノートを取ること必要がないのでものぐさには最高に便利です。

6番目に文字サイズを自由に変えることができます。老眼、弱視でも問題なく読めるのは便利。僕は視力が悪いので…

7番目にネットにつながっていれば言葉や英単語の意味を調べることができます。文中の単語を選べばブラウザを開かなくてもさっと調べられるので楽です。

3、電子書籍のデメリット

一番のデメリットは読みたい本が全て電子書籍化されているわけではないという点です。学術書や専門書は手薄です。あと古い本も電子書籍になっていない場合もあります。そういう時は大人しく本屋か通販で買います。大概の本は新刊も含めて電子化されていますけど。

2番目に電子書籍を売っている会社がいろいろあってその会社ごとにアプリがだいたいありますが、アプリ同士で購入した本を共有することができません。
わかりにくいので例として、A社で購入した本はB社のアプリでは読めないので、B社のアプリで読みたかったらもう一度購入する必要があります。
また、楽天とAmazonでは電子書籍専用端末がありますが、楽天の端末ではAmazonの電子書籍を読むことはできません。
考えにくいケースですが、楽天やAmazonが倒産したらそこで購入した電子書籍は読めなくなるでしょう。

3番目に、本を売ることができません。紙の本だと読み終わったら古本屋やフリマアプリで売ったりして小銭稼ぎできますが電子だと無理です。

4番目に、参考書とかは正直タブレットとか電子書籍リーダーでは読みにくいです。書き込みとかしたい場合は素直に紙の参考書を買った方がいいです。

5番目に、現金では買えません。クレジットカード決済が中心になると思います。

4、電子書籍はどうやって読んだり買ったりできるか

 スマホやタブレットで読みたい方はアプリをダウンロードし、そのアプリで購入からダウンロード、読書までできます。例えばKindleアプリや楽天Koboアプリの2つがメジャーです。専用の電子書籍リーダーでも購入、ダウンロード、読書までできます、PCは必要ありません

買う時は購入ボタンを押すだけです。Amazonのアカウントや楽天のアカウントに紐づけられたクレジットカードで決済できます。

5、電子書籍の活用方法の提案

僕がどんな風に使っているか紹介です。電子書籍リーダー(Kindle)、スマホ、タブレットの3つで読んでいます。
 文字は、家の中ではリーダーで読みます。スマホを持つと気が散っちゃうので。家の外だとリーダーかスマホで読みます。ふと読みたい時に読めるので便利です。電車やバスに乗る時、ちょっとした待ち時間とか。カフェで読んだりもする。トイレに入っているときもスマホで読めます(ちょっと迷惑ですみません)。

読んだ場所やマーカーを引いた場所は自動的にアカウントに保存されるので、ネットにつながればどの端末で読んでもちゃんと続きから読めます。読んだ本の内容をまとめたい時はタブレットで自分が引いたマーカーとかを確認しながらやります。

漫画はタブレットで読みます。大きい画面で、カラーで読みたいですしね。ダウンロードして外で読むこともあります。

6、メリットまとめ

  • 家のなかでも外でもその場で本を買って読める
  • かさばらないので収納・持ち運びに便利
  • 新品の紙より安い
  • 文字のサイズを変えられる、マーカーを引ける

7、電子書籍専用端末&電子書籍本屋の紹介

Amazonの電子書籍リーダーはこちら。
左から順にスペックは低いけど安い普及番、ベーシックなモデルで防水・精細な文字、漫画を読みたい人向け。
詳しい解説は「Kindleのモデルのおすすめはどれ?違い・使用感・特徴」で行っています。

月980円(初月無料お試し)で書籍読み放題もあります。
「大学生がKindle Unlimitedを一ヶ月使ってみた感想」で詳しく書いています。

 

また、楽天の電子書籍リーダーはこちら。
Amazonよりちょっと高いけど、楽天ユーザーだったら本を買うとポイントがつくのでこちらが良い。ここで紹介するのは一番安価なモデルだけで、この他にもモデルがあります。

くわしくは「楽天Koboのモデルを比べてみた(違い・おすすめ)」で。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Clara HD スリープカバーセット(ブラック)
価格:17380円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Clara HD スリープカバーセット(ローズレッド)
価格:17380円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

 

楽天で購入

 

 

電子書籍を売ってるサイトは、例えば「honto」という丸善・ジュンク堂系列のサイトもあります。
コンビニ後払いも利用可でクレジットカードを使えない人も利用できるし紙の本もついでに買える。
丸善やジュンク堂で貯めたポイントも使えるので便利です。

漫画レンタルとか、これ以外にも色々ありますよ〜。

それでは、adios.