<英語>「口」を動かすリスニング対策本紹介

Sponsored Link

リスニングの上達には、自分で喋ることが不可欠。

たしかに聞くだけでもリスニングはうまくなります。

しかし、それは最短ルートではないと思います。

英語に限らず言語の技能、話す、聞く、書く、読むは全て一体。

全てが関わり合って、全ての技能を底上げしていくのが一番近道じゃないかなあ、って勉強していて思っています。

そこで今回、リスニング対策本だけど「話す」ことに注目した参考書を2冊ご紹介したいと思います。

シャドーイングをしよう

シャドーイングという有名な勉強方法がありまして、

流れてくる音声を聞いて、同じ文章を真似して話す、というシンプルな学習法です。

再生される音声の後に喋るのが「影」のようだから、シャドーイング(Shadowing)という名前がついています。

もともと、同時通訳の訓練用として考案された学習法と聞いたことがありますが、これはリスニング力向上にとても役立ちます。

なぜか。
音声を聞き取ってそのまま繰り返すためには、どんな単語・文章が発音されているのか聞くだけで理解できなければなりません。

また、一つ一つの単語が理解できても次の単語との関連を掴んで、一つの意味のあるフレーズとして理解できなければ繰り返すことはできませんから、聞くだけで文章の意味を理解する、という能力が必要になります。

そういうわけでシャドーイングはリスニング対策に有用なのですが、シャドーイングのやり方を教えてくれて、なおかつ学習者のレベルに併せて簡単な文章から長めの文章まで掲載されている参考書がこちら。

参考書の前半部ではシャドーイングの方法についての解説があります。
シャドーイングといっても流れてくる音声を一発で全て理解することは難しいですから、シャドーイングの前にぶつぶつと言う(マンブリング)とか、単語に注目するシャドーイング、英語の意味に注目するシャドーイングなど、一つの文章をフル活用するために複数のシャドーイング方法を提案しています。

説明の後は、実際の文章が掲載されています。最初は簡単な、短めの文章から。後に行くにつれて長めの文章になっていきます。
シャドーイング初心者のうちから、長く使える構成になっています。

当然CDつきです。

一度この参考書をやりきってしまえばシャドーイングの方法は分かりますから、ほかの教科書とかオンライン教材をつかってシャドーイングができるので、後々役立つ参考書でした。

英語の発音をマスターしよう

英語の発音を理解するというのは、 aの発音とか、thの発音を理解するということです。

例えばthには無音と有音があって、前者は「スッ」って感じの音ですが、後者は「ズッ」っていう感じの音になります。こんな感じで同じアルファベットのつづりでも発音が違う場合があるので、発音記号(θとかαとかの文字で表されてるやつ)が単語やつづりにあてはめられています。

発音なんてリスニングとそんなに関係ない、と思うかもしれませんが、

発音とつづりの対応関係をより正確に理解することで、音を聞いた瞬時に綴り、そして単語が理解できるようになるので、聞き取りに役立つというわけです。
フォニックスっていう概念を知っていれば、とっつきやすいかもですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フォニックス

発音を教えてもらう機会ってあんまりないと思うので、結構いい加減にやってたりしませんか?
この発音はこういう口の形で、舌の位置はどこで、どこに力を入れるか、とか、そこまで徹底的に理解する必要があります。

発音を正確に理解することでリスニングが上手になるだけでなく、しゃべる時の発音もよくなるというメリットもあります。

そこで、どの発音記号ではどういう音なのか。その音をだすにはどうやって口を動かせばいいか。を解説している本がこちらです。

先程言った通り、発音するときの舌や口の形からを図と文で解説していて、ネイティブの発音を感覚に頼らずロジカルに真似できる仕組みになっています。

またCDを聞いて正しい発音を理解したり、まぎらわしい発音の違いを理解することができるので、耳と口、両方で発音を習得することができます。

発音のための筋トレ的な感じで、毎日少しずつでもコツコツと続ければ成果が見えてくるタイプの参考書です。

おわりに

今回紹介した2つの参考書、普通のリスニング教材と一味違った面白いテーマの参考書だと思います。

ただリスニング聞いてても上達する未来が見えないとか、そもそも何から始めていいかわからない。という人にもいいんじゃないかなーって思います。

どちらの参考書もやり終わったらもう用無しっていうタイプではなく、何度でも長く使える参考書ですので気になったらチェックしてみるといいかもしれませんね。

お読みいただきありがとうございました。

コメント