(留学/旅行)海外で現金外貨を入手する方法

Sponsored Link

海外にいる時も日本にいるときと同様、現金はいろんな場面で必要になると思います。
ローカルなレストランや食料品店など、クレジットカードが使えない場所は多々あります。
治安があまり良くない地域では、そもそもセキュリティ的にクレジットカードを使わない方がいい場合もあります。

数日〜数週間の滞在なら日本円を空港などで外貨に両替すれば十分ですが、数ヶ月〜数年の滞在となるとそうもいきません。

そこで海外で外貨のキャッシュを得る方法についてお話しします。

外貨キャッシュを得る時には手数料がかかる。

外貨に両替したことがある人はお分かりかと思いますが、日本円→外貨や、外貨→日本円に両替する時には手数料がかかります。
両替場や銀行によってレートはかなり違いますが、多額の両替を行うと手数料だけで数万円かかる場合もあります。

これに加えて、銀行口座からお金を移動する時には振込手数料がかかります。
海外に銀行口座を開く場合、両替手数料+振込手数料と二重にかかってくることになるので注意です。

また、ATMを利用する場合はATM利用料がかかってきます。

というわけで、外貨を得るためにはどんな方法を取るにしても手数料がかかるので、できるだけ安く済む方法を取るのがよいでしょう。

長期滞在の基本:海外銀行口座を開こう

学費・家賃・生活費・教材費など、長期滞在では数百万かかることもザラです。
大口のお金を動かすためには銀行口座が必須といえましょう。

留学先の大学が現地で銀行口座を開設することを推奨する場合もあります。

ただし銀行口座を開設するのは国によっては簡単でない場合も多く、手続や身元証明が煩雑だったりして、開設までに時間がかかることもあります。
(日本で開設する時も申込当日に口座が開けるなんてことはありませんよね。)

つまり海外口座が開けて、そこに日本からお金を振り込んでもらったり賃金を振り込んでもらう前にも、外貨を入手できるできる手段が他に必要ということです。

他にも銀行口座なんて開かない!という人にも、現地で外貨を得る手段が当然必要です。

手段1:クレジットカードの外貨キャッシング

クレジットカードでは外貨キャッシング付帯をさせることができます。
(もしかしたら申込が必要かもしれないので自分のカードを要確認)
ATMにクレジットカードを入れると現金を引き出せるという仕組み。

ATM使用料+両替手数料がかかります。
請求は普段のクレジットカード利用と同様です。

日本で使っているクレジットカードをそのまま使えるので手軽ですが、何度も両替をするとATM手数料が結構かかってきます。
また、キャッシング枠が決まっているので無制限に現金を得られるわけではありません。
(枠は自分で決められます。)

地味なメリットとして、多くのクレジットカードには海外旅行保険というやつが自動的についていまして、
旅行中にクレジットカードで支払いをすれば(条件はカード会社によって違う)自動的に保険が使えるようになります。
急に病院にかからなければならないなどの不測の事態にも最低限対応できます。

この海外旅行保険はデビットカードやキャッシュカードには付帯していないこともあります。

ちなみに筆者は三井住友VISAカードをメインに使っています。

手段2:国際デビットカード

デビットカードはクレジットカードと基本的な仕組みは同じですが、支払った金額が銀行口座から即時引き落としされるという特徴があります。
(クレジットカードは月末など、決まった日に1カ月分引き落としがきます。)

また、クレジットカードはクレジットカード会社が発行しているのに対し、デビットカードは銀行が発行しています。

国際デビットカードでもクレジットカードと同様、ショッピングやキャッシングが使用できます。
使用限度枠もあるので注意です。

手段3:国際キャッシュカード

国際キャッシュカードとは、日本のキャッシュカードと同様ATMから外貨を引き出せるものです。

日本の銀行口座から引き出し外貨+両替手数料+ATM利用料を合わせた金額が引き落としされます。

手段4:国際プリペイドカード

あらかじめチャージしておいた金額だけ使えるクレジットカード、というイメージです。
追加入金もできます。

クレジットカードの盗難や使いすぎが怖いという人や、自分のカードを持ってない子供にはこちらが手軽で便利かなと。

クレジットカードと同様、キャッシングやショッピングがチャージしておいた分だけ可能です。
手数料はクレジットカードと同様。

世界中で使えるVisaプリペイドカード「MoneyT Global」

まとめ

クレジットカードやデビットカードなら、VISAなどの国際ブランド対応のものも多く、お手持ちのカードをそのまま使える場合も多いと思います。

国際キャッシュカードやプリペイドカードも、渡航者によっては便利な選択肢になってくると思います。

とにかく、ここまででお分かりいただけたかと思いますが、外貨を外国現地で入手するのはそんなに難しくないです。
ATMは大概どの国にもありますしね。(ATMのセキュリティーが不安…という場合は一旦置いておきます。)

あまり不安を抱えず、気軽に海外渡航しちゃいましょう。

それでは。

コメント