iPad Proはノートパソコンの代わりになるのか検証

Sponsored Link

個人的な考えでは、

あくまでスマホとパソコンの中間。
ただし用途によってはカバーできる。

はじめに

iPad Pro 4th genとMagic Keyboardが2020年3月中旬に発表されました。(最新版)

iPad Proは基本性能強化でマイナーチェンジと言えますが、Magic Keyboardにはトラックパッドが搭載されることが決まり、両方合わせて使えばよりパソコンに近い使い勝手になりそうです。

しかしパソコンに完全にとって代わるのだろうか?と。

パソコンを買いかえるのをやめて、iPad ProとMagic Keyboardにしようかなとお考えの方もいると思ったので、筆者が一年間iPad ProとSmart Keyboard(純正)を使った感じをお伝えしようかな、と。

IPad Proになると下手なパソコンよりよっぽど高いし、MagicKeyboardもつけたらそこそこ高性能なパソコン買えてしまいますので、きちんと判断したい所ですよね。

筆者の使用環境

  • iPad Pro 3rd Gen 11inch (Late 2018)

  • Smart Keyboard Folio

  • Apple Pencil 2nd Gen

という環境。購入してから1年間使用しました。

MacBook AirとiPhoneも併用していて、iPad ProはMBAのサブ機兼メモパッドという位置づけのつもりで購入しました。

家の外では大学の授業のノートテイクと簡単な作業をメインに、家のなかではスマホ代わりにネットや動画閲覧を主に使用しています。

iPadはiPhone寄りではある

最大の理由は搭載されているOS(オペレーティングシステム)。

現在、iPadOS(iPad)とiOS(iPhone)と別々のOSになっていますが、かつてiPadにもiOSが搭載されていました。つまり元々は同じものでした。

現在、iPadOSもほぼiOSがベースとなっているので、MacBookに搭載されているMacOSとは根本的に別物となっています。

ですので、MacOSやWindows用のソフトウェアをiPadにそのまま使うことはできません
iOS/iPadOS対応ソフトウェアを基本的にはAppStoreからダウンロードして使うことになります。

SmartKeyboardをiPadに搭載すれば見た目こそパソコンですが、蓋を開けてみれば(物理的に)中身はiPhoneにかなり近いということです。

これに加えてトラックパッドがない状態では、操作はタッチ操作ですからスマホっぽくはあります。

そういうわけで、僕はiPhoneのでかいやつがiPadだと思っています。

iPadでもパソコンでもできる作業。

スマホでもパソコンでもできる作業はおおむねできます。例えば、

  • インターネット閲覧
  • 動画サイトや音楽視聴
  • メモ作成

みたいな軽い作業はなんなくできます。パソコンよりも直感的な操作ができるので楽な部分もあるでしょう。

USBフラッシュメモリを使ったり、プロジェクターに投影することも可能です。USB-C端子が一個だけ搭載されているので。たくさんの機器を接続したい場合はハブが必要になります。
また、現在、多くのパソコン周辺機器はUSB-A端子がメジャーなので変換プラグが必要な場合が多いと思います。

CDやDVDディスクのドライブを接続して再生するのはできないケースがあるので要注意です。

iPadでもできるけどやりにくい作業。

一方でできなくはないがやりにくい作業もあって、例えば

  • WordやPowerPointでの資料作成

は、文章を書くことはなんなくできるんですけど、文章の差し替えや修正をしたくてカーソルを移動する時、タッチでやらなきゃいけないのでめんどくさいです。フォントを変えたりとかもありますし、タッチする回数が増える作業は基本的にやりにくいかな、と思います。キーボードから一旦手を離してタッチ操作するのは非効率だと感じます。
あと11インチの液晶は小さいと感じるので、レイアウトやビジュアル調整はやりにくいです。

  • 画像加工や動画作成

は、Apple Pencilがあれば、ペンタブのようにiPadを使うことができるのでやりやすい面もあります。しかし、先ほどお話しした通りタッチとキーボードを往復する場合(特に動画に文字を入れるとか)だとやりにくいなあと思いますね。メリット半分、デメリット半分でしょうか。

iPadがパソコンより優れてる点。

iPad Proには画質のいいカメラがイン・アウトともについているので、写真を撮る、とった写真をすぐ加工するみたいな作業をしたいならiPadはかなりいいです。

筆者はブログを書くときにiPadを使うことがありますが、写真を挿入する記事のときは便利だと思いますね。

また、Apple Pencilがあればできる作業がぐっと増えて、

  • お絵かき(アプリも豊富)や画像加工(Photoshopとかも使える)
  • 手書きのノートをとる(ノートアプリが無料/有料どちらも使える)

など、手書きデータを保存することができるタブレットとして使えます。つまりペンタブとして使えるということ。

さらに、先ほど言いましたが、iPhoneと中身はほぼ一緒ですから、iPhoneと同じアプリを使うことができます。これはパソコンと同じソフトウェアを使えないことの裏返しと言うことができますが。

まとめ

私の見解では、筆者の使用環境、11インチの画面とトラックパッドなしという環境では完璧にパソコンの代わりにはならないという判断です。

実際、iPadとMacBookを両方持ち運ぶ時もありました。

しかしもう一回り大きいサイズ(12.9インチ)のiPad Proにすると大きすぎるし重いしで、持ち運びにはかなり不便になります。

もともとMacBookのサブ機として購入したので筆者自身は11インチで満足していますけど。

本当にパソコン代わりとして使いたいなら

もし筆者がパソコン代わりにiPadを新しく買うとするならば、

iPad Pro12.9インチ+Magic Keyboard+Apple Pencil

というチョイスで買うかなと思います。

MacBook Airとほぼ同じサイズの液晶と、トラックパッド付きキーボードがあればほぼパソコン代わりとして使えるんじゃないですかね。

もちろんその気になれば、ですが。

用途をしっかり決めて購入しましょう

画面サイズが11インチと12.9インチ。付属品もたくさん(それもかなり高い)。

さらに、Wi-Fiのみモデルと、Wi-Fi+Cellular(つまり携帯回線を搭載可能で、どこでもネットに繋げられるモデル)も分かれています。

あともう一つ、ストレージ(保存容量)が128GB~1TBまで選べます。

ですから用途を決めてiPad Proを購入することをおすすめします。

軽さ、持ち運びやすさを重視するなら11インチ。
主に家で使って、作業しやすさを重視するなら12.9インチ。

持ち運びして、取引先やカフェなど、Wi-Fiがない環境でも使用するシーンが多いならばWi-Fi+Cellularモデル。

保存するデータが多いなら、それに見合ったストレージを追加で搭載します。

文字入力することが多いなら純正キーボードは充電不要で使えるのでとても便利なのですが、トラックパッドが必要ならMagic Keyboard、不必要ならSmart Keyboard Folio。

手書きの文字を入力したいならば、Apple Pencilを追加で。

結局お値段は…

iPadProを購入しようと思ったとき、オプションがいっぱいあることがわかりますね。

結局いくらになるのでしょうか?以下、全て税抜き記載です。

最低価格は、iPad Pro11インチ(128GB、Wi-Fiのみ)で84,800円。
最高価格はiPad Pro12,9インチ(1TB、Wi-Fi+Cellular)で175,800円。

まずこれだけで値段が倍以上違うっていう。

そして付属品。

キーボードから。
SmartKeyboard Folioは18,800円(11インチ用)/20,800円(12,9インチ用)。
Magic Keyboardは31,800円(11inch)/37,800円(12,9inch)。

Apple Pencil第二世代は14,500円。

本体オプション全部のせ、周辺アクセサリーも全部揃えたら、

228,100円+税!!!
(12,9インチ, Wi-Fi+Cellular, 1TBの本体、Magic Keyboard、Apple Pencil)

うーん、高い。上を見ればキリがないわけで。

そういうわけで、必要なスペックを見極めて、適切な出費にしたいものですね。

Au revoir。

出典:Apple公式サイト

コメント