<一人暮らし>電気ケトルは即戦力かつ永遠のレギュラー選手。

Sponsored Link

Most よく使う家電 in my home is 電気ケトル。

一人暮らしを始めた当初、ケトル持ってなかったんです。
実家に余ってたやかんでなんとかなるだろうと思ってたんですが。

結局半年ぐらいしてから電気ケトルを買い足したわけですが、結局毎日使うようになりました。
やかん?棚の肥やしとして未だ家に鎮座しています。

一人暮らしにはやかんが不便すぎた

ティーバッグで紅茶でも飲もうかな、と思った時、一人暮らしで必要なお湯の量ってコップ一杯、200ml程度ですね。

たったそれだけを沸かすのにやかんだとデカすぎるんですよ。
やかんは小さいものでも大体、1Lくらいの容量があるわけで。

デカすぎるやかんにコップ一杯ぶんだけの水を入れ、火にかけて、やかんがあったまるのを待って、それから水があったまって…ってなるとめんどくさくて。

じゃあ多目にお湯沸かしとこうか、と思ってもやかんにお湯いれておくとすぐ冷めちゃいます。
それで温め直しとなると、また火にかけて…ってなるともうやってられんわ、と。

つまりやかんだと、

  • 少しのお湯を沸かすのに不便
  • 温め直しにも向かない

というわけで一人暮らしには明らか向きませんでした。

電気ポットほどしっかりしたものは要らなかった

じゃあ電気ポットならいいんじゃないかと思って買ってみました。
電気を入れておけば、沸かすところから保温まで全部やってくれちゃうやつです。
コンセントに差しっぱなしにしておけば保温はしてくれるんで、温め直しの手間はなくなりました。

しかしこいつも曲者でした。
そもそも外出している時間が多いので、ずっとお湯を保温しておく意味がなかったんです。電気代がもったいないな、と。

料理に使うにしても、お湯を沸かして鍋に入れてしまうので、お湯が暖かい状態を維持しておく必要が全くないことに気がつきました。

こういうわけで電気ポットもあえなく棚の肥やしになりました。

ついに電気ケトルに出会う

自宅で電気ケトルを使っていたことを思い出し、購入。

簡潔にこいつのいい所を紹介しましょう。

少量沸かしに強い

コップ一杯ぶんとか、少ない量ならかなり素早く(1分前後)で沸かせます。
一気たくさん沸かして、保温しておかないならば、その都度沸かすのが都合いいですから、ケトルは一人暮らしとの相性がとてもよいです。

すぐ沸く

 コップ一杯くらいなら1分くらいでわきます。
やかんよりもずっと楽。

水の量が増えれば当然時間はもっとかかりますけどね。

料理にも使いやすい

例えば味噌汁を作りたい時。

お湯を沸かしたい時に鍋に水入れて沸かすのって時間かかるし、コンロが一つふさがってしまうじゃないですか。

他の料理も作りたいのに、コンロが一つふさがってしまうと料理に余計に時間がかかってしまいますよね。
特にコンロが一口しかない家だと致命的です。

そんな時、ケトルでお湯を沸騰させてから味噌汁をつくれば、ガスコンロを使う時間はぐっと減りますから、より料理が効率的にできます。

500ml程度の小さいケトルから1L以上のケトルまでいろいろありますので用途によって大きさを決めるのがよいでしょう。

と、いうわけでケトルは毎日使う我が家のレギュラー選手になりました、と。

どんな電気ケトルがいいか

まず容量についてですが、コップ一杯ぶんくらいしか沸かさないなら500ml程度のものを。
パスタを茹でたりスープを作ったり、料理にも使いたいときは1L以上のものを選ぶとよいでしょう。
筆者は1.2Lの電気ケトルを使っています。

それから安全性能にも気を使った方がいいです。

  • 横に倒れた時にこぼれない
  • ロックボタンを押している時だけ注げる
  • 空焚き防止

といった機能あるものを選んだ方が安心です。

 

さいごに

ケトルはどこの電気屋にも売ってますから、お好みの商品を探してみてください。

あんまり安いものや得体のしれないメーカーのものは、安全機能に問題があったり沸かす時間がやけにかかったりする場合があるので気をつけてください。

それではさようなら。

コメント