長距離(夜行)バスで格安に旅行気分を味わう

Sponsored Link

はじめに

 大学生や社会人になればライブや旅行に自由に行ける機会が増えると思います。
旅行はもちろん楽しいわけですが、つきものなのは移動。

 交通費って結構かかります。

例えば東京-大阪を新幹線で移動しようと思ったら片道15000円くらいします。
飛行機ならもっとする場合もあります。

筆者は頻繁にライブ通いしているのですが、その経験からすると旅行代金の2分の1くらいが交通費の時もあります。

節約したい。そこで考慮したいのが長距離バス

メリットはとにかく安い。
東京-大阪片道2000円代〜です。
デメリットは移動時間が長い。
東京-大阪間片道10時間くらいはかかります。

ですが時間が多めに取れて、かつ体力もある大学生には相性がいい移動方法だと思います。

夜行バスだと夜乗って翌早朝に目的地に着くので社会人の方もよく乗ってます。

(水曜どうでしょうの夜行バスの旅とか、イメージつくかもしれませんね。)

昼行便と夜行便

まず長距離バスは主に2種類あって、昼行便と夜行便があります。

その名の通り乗車している時間が昼か夜かの違いです。

昼行便の方がおおむね夜行便よりも安いです。
推測ですが昼行便だと朝乗車して夕方〜夜着く感じになるので、移動に丸一日かかってしまうのであまり人気がないからだと思います。

昼行便なら外の景色を楽しめるんで結構いいですけどね。

夜行便は深夜に乗車して(夜11時とか)、早朝6時とかに着きます。
夜なので基本寝ることになります。
周りには他のお客さんがいるので、スマホの光や音が漏れないように注意する必要があります(例外あり。後述。)。

運行している時間以外の違いはそんなにありません。

シートの種類

シートの種類といってもよくわからないと思いますので写真を引用したいと思います。

あとバスの運行会社によってシートは違いが大きいです。
左右や足元の広さ、左右のカーテンの有無、リクライニングの深さ、シートの柔らかさetc…

あと列数は同じでもシートのスペックが違ったりとか。

お気に入りの運行会社を見つけるのも楽しいっす!

あとバスによってトイレの有無が違うのでそれは要チェックかも。

基本:4列シート

となりの人とみっちりくっついてる普通のバス。
1台のバスにたくさん人が乗れるので、運賃が一番安いです。

ただし長時間隣の人とくっついてるのは結構しんどいです。プライバシーはゼロです。
隣の人の体臭が苦手だったりいびきをかく人だと結構な苦痛です。

値段重視。快適さは二の次。

バスの中には4列シートだけど足元広め、というスペックが高めの4列シートも。

引用:バス比較ナビ シートタイプ比較表

豪華版:3列シート

左右が空いているので快適です。
この写真だと左右にカーテンがないですが、カーテンつきでほぼ個室みたいになるバスもあります。
左右のカーテン付きバスなら光が漏れにくいので、スマホをこそこそ使うこともできます。

4列シートよりだいたい足元も広いのでのびのびできます。

筆者はだいたい3列シートです。

引用:バス比較ナビ シートタイプ比較表

超豪華:2列シート

さすがにここまで高級なバスは乗ったことないですね…
どのくらい高級かというと、新幹線と同じくらいの値段です。

もはやレジャー感覚。エンタメ。話の種。

写真でしか見たことないですが、バスの座席も超広いです。
カーテンではなくパーテーションで半個室状に区切られてるバスとか、
座席にiPadやテレビが備え付けられているバスとかもあるみたいです。

一回乗ってみたい…憧れのバスです。

引用:バス比較ナビ シートタイプ比較表

長距離バスの楽しみ方

いつも寝てる時間に行動するウキウキ感

深夜にバス乗り場に移動している時とか。始発が動き始めたばかりくらいの時間に目的地にいるとか。

あー旅行がはじまるんだな。っていうウキウキ感が好きです。私は。

最強の娯楽:サービスエリアに立ちよる

道中は長いので数回SAで休憩時間があります。

各地の大きめなSAに停車するので、お土産をみたり散歩したりがとても最高。
狭い車内に閉じ込められているので爽快感が段違い。

深夜のコンビニでアイス買って、夜風にあたりながら食べるとか。最高。

リフレッシュしたらまた車内に乗り込みます。次はどんなSAに停車するのだろうか。
目的地についたらなにしようかなんて考えながら、眠りに落ちるわけですね。

聞きたかった音楽を聴く

好きなアーティストのCDを買ってスマホに取り込んだけど、忙しくて聴いてなかった。
スマホの画面から光が漏れるとまずいから、音楽を聴きます。

バス移動のために仕込んでおいたプレイリストをながしたり、ドラマCDをじっくり聴いたりと、普段家や通勤通学で聴くよりもゆっくり聞けていいですよ。

めっちゃTwitterする

光が漏れない座席に座った時は、スマホの画面の光を一番暗くして使うこともできる。

あまりに暇なので逐一行動をツイートするとか、タイムラインを漁るとか。
友達にリプライするとか。

LINEすればいいじゃないかって?
LINEできる友達がいればそうすればいいじゃないか!!

人生について考える

卒業したらどうしようかな…とか。どんな人生が20年後に待ってるかな…とか。

普段あんまり考えないことをじっくり考えるのはいかがでしょうか。
バスに乗る前に考えたいテーマをいくつかメモしておくんです。

変なこと考えてればそのうち眠くなって自然と寝られるのでGOODデス。

まとめ。

夜行バスに必要な持ち物をまとめてみました。よろしければどうぞ。

夜行バスは安いし、結構楽しいです。
苦痛に思う人もいるとおもうけど個人的にはあのウキウキ感が好きです。

安いから大抵許せるので、試してみても悪くないですよ。

それでは。

コメント