留学にいく理由を考えてみよう。

Sponsored Link

留学に行く人は年々増えてるんじゃないですかね。
学生だと、長期留学だと留年や金銭面とか足かせが多々ありますけど、それでもずいぶん昔に比べたら行きやすくなったと思います。
めんどくさい手続きを代行してくれる業者、学校で提供される留学プログラムなど、利用できるものが増えたからですね。

それにしても、国内だけで過ごしてた方が楽なのは間違いないのに、なんで外国でわざわざ暮らそうと思うんだろう。

ただ海外に行ってみたいだけなら観光でいいじゃないですか。

留学に行く理由についてぼくの考えを記しておこうかな、と思います。

ちょっとメタい感じになるかもしれません。

外国語のスキルを身につけたい!

ありがちな理由ですね。

日本国内で外国語、いろいろ勉強してきましたけどやっぱり限界があります。

もっと頑張れなくはないけど、モチベーションが続かないんです。

外国語の勉強するのってしんどい時もあるんですけど、そういう時って逃げちゃうんです。

例えばフランス語でニュースを読まなきゃいけないのに、日本語のニュースばっかり見たりとか、思い切って英語で外国人と話したほうがいいのに、だんまり決め込んじゃったりとかね。

だから、外国語を使わなきゃいけない状況に身を置いて、逃げ場をなくして、徹底的にやらなきゃいけないな、と思いました。

なんで外国語を身につけたいんだろう?と思っても、はっきり理由はわかりません。

賢い理由をあえて言えば大学の勉強に役立つ、みたいなことを言えなくはないですけど、そんなん後付けっすね。

もしかしたら、引っ込み思案なのがずっとコンプレックスで、外国語を身につけてもっとたくさんの人とコミュニケーションをとりたい、みたいなことを潜在的に思ってるかもなー、とか思ったりもします。

まあ理由なんてなんでもいいんすけどね。

刺激がほしい

日本で過ごしてたって刺激なんていくらでもあります。

でも自分はなかなか新しいことに踏み出すのが苦手で、つい楽な方を選びがちでした。

そのくせして毎日つまんないなー、とか思ってるんで変な話ですけど。

だからもう全く見たことのない世界に飛び込んで、サバイバルしてみたい、って思ったりとか。

友達がほしい

日本にいるといかんせん1人でも生きていけるからかえってまずかったりします。

日常生活も、授業も、すべて勝手が分かってるから1人でもなんとかなっちゃうんです。

でも、1人じゃなんとかできない状況に身をおけば自然と他人と上手にコミュニケーションがとれるかな、とか思ったり。

あと一人暮らしって結構寂しいですから、もうちょっと人に囲まれてながら生きてみたいな、なんてことを大学入ってから思うようになりました。

人に語れるできることがほしい

就活とかだと、「学生時代で一番頑張ったことを書いてください」っていう、いわゆる「ガクチカ」っていう質問がすごく頻繁に尋ねられます。

正直僕、書けないんですよ。

学生時代頑張ったことは確かにあったけど、それが本当に自分がやりたいから頑張ったものじゃなかったです。

周りに言われたから仕方なく頑張るとか、責任感だけで頑張らざるを得なかったというか。

自分の充実感とか満足感が伴っていないから、あんまり自分にとっていい経験になってないみたいな感じですかね。

留学って、久しぶりにちょっとやってみたいな、面白そうだな、って思ったことでした。

だからちょっとサバイバルして、楽しく暮らしてみたいなーって思ったり。

まあこれも、学生にありがちな悩みだと思いますけどね。

働きたくない

半分冗談ですけど、(笑)

けど、就活とか普段の生活とかからちょっと離れて、自分の将来のことをしっかり見つめ直したいなって思いました。

就活してて、ES書いてインターン行って、でもなんかやってみたいこととか、ちょっとした将来への憧れが生まれなくて、

このまま、面白みのない将来を生きていくのかー、って思ったらなんか嫌な気分になってきた。

就活なんてそんなもんだろうと思います、普通将来なんてよくわからんままとりあえず頑張ってみるもんじゃないですかね、就活。

僕にとってはなんかやる気出なくて、正直逃げと言っても間違いじゃないです。

別に理由なんてなんでもよくない?

ぱっと思いついた理由を書き並べてみましたけど、理由なんて正直どうてもよくないですか。

やりたいと思ったからやる。やりたくないけどやってみる、とかいう類のものではありません。

留学、結構大変だと思います。無理して行ってもしんどいだけです。

それに、日本に居てもできることはいくらでもあります。日本に居た方がコスト的に安上がりです。

留学してみたいからする。それでいいじゃないですか。

留学すればお金もかかるし、留年するかもしれないし、いろんなデメリットはありますから、よく天秤にかけて判断してみてくださいね。

という、自分へのメッセージもちょっぴりこもった記事でした。

読んでいただけたこと、感謝いたします。

コメント