海外旅行でスマホを使う方法いくつか。

Sponsored Link

このブログでは留学や海外について触れることが多々あるのですが、今回はアプローチを変えて海外旅行についても触れてみようと思います。

数日から1~2週間の短い旅行から数ヶ月の中長期旅行まで、海外でネットを使う方法をお話ししようかと。
筆者も、どうやって海外でネットを使うの?と聞かれることが度々あったので。

筆者も大学に入学してから年に数回海外に渡航していますのでその経験を踏まえてお伝えできれば。

1:Wi-Fiルーターをレンタルする。

海外用のポケットWi-Fiルーターを国内でレンタルすることができます。

渡航先、使用する期間、使用できる1日あたりのデータ量によって値段が変わってきます。

空港で受け取るパターンと、自宅に郵送してもらうパターンが選べます。
基本は事前にネットで予約、当日受付している場合もあるかも。

普段Wi-Fiに接続するのと同じように使えるので、設定も使用も簡単です。
また、接続はかなり安定していると思います。

デメリットとして、
・モバイルバッテリーぐらいの大きさのルーターを常時持ち歩いていなければならない。
・ルーター本体も充電しないと使えない。(充電切れの可能性がある)

というのがあります。自分の電話番号で電話はかけられないですが、LINEやSkypeなどの通話はOK。

1日390円~海外Wi-Fiレンタル Wi-Ho!

ハワイでもLTE×大容量500MBプランが1日680円!

2:海外旅行用プリペイドSIMカードを買う。

日本でも、渡航先の空港などでも買うことができます。
筆者はAmazonで渡航前に予め買っています。

1週間とか2週間とか、期間とデータ数を選択できて、値段もそれによって変わります。
期限が切れたりデータを使いきってしまった場合は基本捨てちゃいます。
(チャージできる場合もあるが、手続きが煩雑なので原則不可と思っておいたほうがよい。)

使うための準備として、事前にスマホのSIMロックを解除しておく必要があります。
(自分のスマホがSIMフリーであれば必要ありません)
若干ややこしいかもしれません。スマホの設定もそうですが、安い海外製SIMカードを買うと説明書が不自然な日本語で書いてあったり英語で書いてあることもあるので、
めんどくさいのが苦手な人にはあまりおすすめできません。

ですがメリットとして、
 ・Wi-Fiルーターと違って持ち運ぶ手間がない。
 ・ルーターの電池切れを心配する必要がない。

という点で便利に使うことができます。
通話付きのSIMカードを選べば、自分の電話番号をつかって電話をかけることができます。
(もちろんLINE通話などは普通に使える)

3:海外で携帯回線を契約/レンタルする。

これは数ヶ月から数年の長期滞在者向けオプションになります。

日本で携帯回線を契約するのと同様、海外の携帯回線会社と契約します。
SIMカードだけの契約も可能です。

手間はもちろんかかりますし、長期契約が前提となりますが、プリペイドSIMカードやモバイルWi-Fiよりも安価に使える場合があります。

100%満足保証付の海外携帯

4:町のフリーWi-Fiスポットを使う

ほとんどスマホを使わない人ならこれでもなんとかなると思います。
カフェや駅などには結構無料Wi-Fiが通っています。

しかしフリーWi-Fiはセキュリティがかかっていないことが多いので情報が盗まれる可能性があります。
それに地図を見ながら歩くみたいなスマホの利用方法がとれません。

スマホなんてなくても大丈夫だわ、みたいな人かお金をケチりたい人以外にはおすすめしません。

スマホの設定ができるならプリペイドSIMカードがいいと思うが…

筆者はルーターを借りたこともプリペイドSIMを借りたこともあります。

個人的には、プリペイドSIMカードを使ったほうが便利だなぁと思います。

先ほど書いたとおりですが、Wi-Fiルーターを借りると持ち運びが結構手間でした。
ホテルに荷物を置いて小さいバッグ一つで歩き回りたいのに、ルーターがバッグの大部分を占めて邪魔だなあと。
それに重さもあります。

借りる時はポーチに入って貸してくれます。
壊すと当然弁償しなければならないので、筆者はケースのまま持ち運びしてましたのでなおのこと邪魔でした。

そして、充電が切れるのが結構気になるんですねー。
夜寝る前に充電しとかないと日中切れてしますと思います。
ホテルにコンセントの差込口が少ししかない場合は結構大変で、自分や同行者のスマホ+ルーターを同時に充電できない可能性もありますし。
モバイルバッテリーを持参したり、ルーターと一緒にレンタルすれば大丈夫なのですが、荷物が増えてしまうデメリットがあります。

そういった問題を気にしなくていいので、個人的にはプリペイドSIMの方が楽だと思います。
ですがSIMにも問題があって、当たり外れがあります。

Amazonなどで売ってる格安のプリペイドSIMカードはたいがい海外製(中国が多い)なのですが、
いざスマホに挿入して使ってみたら接続が安定しないとか、そもそもつながらないとかいう場合もあります。
筆者の経験では、以前ヨーロッパに行った時、渡航4~5日目から繋がらなくなったということがありました。

大きい声では言えませんがレビューはあんまりあてにならないと思います…

その時は無料Wi-Fiや同行者頼みでなんとかしましたが少々困りました。
筆者は普段からSNSやメールを頻繁にチェックしないので(そもそもメッセージが来ないから)なんとかなりましたが、常に連絡手段をもっておきたい人は海外製SIMは避けた方が無難です。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターの特徴。

  • 使うための設定が簡単。
  • 接続は安定している。
  • 持ち運びしなければならない。
  • 充電切れの心配がある。

プリペイドSIMの特徴。

  • 設定はちょっとめんどくさい。
  • 接続が安定しない場合もある(当たり外れがある)
  • 持ち運びしなくていい(スマホに入れっぱなし)
  • スマホの充電だけ気にしてればいい。

という感じです。
自分にあった方法をとっていただければ良いかと思います。

それではさようなら。

コメント