書評

Sponsored Link
本と読書

pha『ニートの歩き方』 『ひきこもらない』 著者や本の紹介など

1、はじめに  phaさんの著作に出会ったのは、えらいてんちょう『しょぼい起業で生きていく』を読んでいた時、巻末でphaさんとえらいてんちょうさんが対談していました。 phaさんの存在は本屋の平積みを見て知っていました...
本と読書

プロ奢ラレヤー『嫌なこと、全部やめても生きられる』著者や本の紹介など

1、はじめに  僕がプロ奢ラレヤー(以下プロ奢)さんの存在を知ったのはTwitterからでした。 僕の友人がたまたまプロ奢さんをフォローしていて、その友達がいいねしたツイートが流れてきて、この人なかなか面白いこと言って...
本と読書

えらいてんちょう『しょぼい起業で生きていく』『しょぼ婚のすすめ』著者や本の紹介

1、はじめに  僕がえらいてんちょう(以下えらてん)さんの著作に出会った時の話を軽く。 就職するのも進学するのもいまいちピンとこなかったけど、とりあえず就活していた時、たまたまtwitterをみていた時タイムラインに流...
本と読書

中年女性アドベンチャーエッセイ!花田菜々子『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』

表紙のインパクトが強い。 タイトルでオチてます。 タイトルそのまんまなんですが、面白いようにコロコロと著者の環境が転がっていって、最後にはキレイに収まっちゃうドタバタ系エッセイ。 僕、暇な時は本屋をぶらぶらして面白い本が...
本と読書

就活生の立場から・朝井リョウ『何者』(就活の参考にはならないよ)

最近買ったよ。流行遅滞者。 2012年刊行、映画化、舞台化もされた『何者』。 就活生の姿を描いた小説ですが妬み、悩み、劣等感、プライドの縮図みたいな感じな本で多くの人が楽しく読める本だと思います。 本記事ではぼく(就活生...
本と読書

ひきこもりの物語ではなく、私たちの物語。猫田佐文『ひきこもりを家から出す方法』

本の表紙  この小説は集英社オレンジ文庫によるノベル大賞で大賞を受賞し、文庫化された本です。 たぶん、著者の猫田さんはこの小説が処女作だと思います。  タイトルをみてひきこもり?そんな話おもしろいの?と疑問に思うかもしれません...
Sponsored Link